9年前のM7.2

昨日、仕事で宮城県方面へ行って来ました。
湯沢市小安峡から宮城県の栗駒町への栗駒山の峠越え。
数年ぶりでのこの道、新緑がとても美しく良い目の保養のドライブ。
国道脇にある沢水「栗駒神水」です。半年以上雪に覆われ、雪どけの水が
画像のようにどんどん出てきており、冷たくて美味しい水です。



その後県境付近での画像です。
2008(H20)6月14日(土)AM8:43発生の「岩手・宮城内陸地震」の傷跡
マグニチュード7.2 震度6の大地震でした。
ここ湯沢市も震度5強の揺れでした。
9年前の山々の傷跡は現在も変わらない姿で残っておりました。
自然の「恵み」と「脅威」を感じながらのドライブでした。


2017年6月17日