お『すそ』わけ

製造の乾燥工程で手綯いされた生地は約1m50cm位まで手延べされます。
当社の「稲庭手業うどん」はただ延ばすだけではなく、
上から下まで均一な太さになるように、手で擦りながら手延べします。
また、つぶし工程で角が出来た部位を、手の感覚で角を取るように擦ります
この作業により、同じ麺の形状がなくなり、口飽きしない独特の食感となります。
この独特の食感が「100g」でも「150g」でも食べても美味しく感じられる特徴でもあります。
下記画像は乾燥途中のお徳用品の部位です。
業務用等、長さを揃えると約20cm弱残ってしまいます。これがお徳用となります。
若干の長さ太さのバラつきはありますが、手作りの風味をご満足いただけると思います。
数量限定  商品+送料=お試し特別価格もございます。


2017年6月19日