「雹」とリンゴ

本日の気温33度。いよいよ真夏日到来の湯沢市です。
さてさて、5月中旬突然の「雹」。湯沢市三関地区名産のさくらんぼは60~70%
被害(キズ等)と報告されておりますが、駒形地区のリンゴも被害がでております。
画像をご覧いただければ一目瞭然。
実が小さかったリンゴにゴルフボール位の雹が直撃。
1ヶ月以上が過ぎリンゴには痛みが見られます。
農家の方のお話ですと、約20~30%の被害と。
実はこのまま育てて行くらしいのですが、キズの大きさは変わらずに成長するとのこと。
贈答用には少し厳しいかもしれませんが、今後の栽培で味には影響がないようにしたいと・・・。
春の一瞬(10分間)の出来事が、秋の収穫まで影響を及ぼす自然界の力です。



訳あり「えくぼリンゴ」。この秋までしっかり実ってほしいものです。

2017年7月9日