熟練33年と34年目に

今年もすでに19日をむかえておりますが、
当社は本年も手作業にこだわりを続け、9日に初仕込を行っております。
熟練職人は寡黙に造り続けて33年目と34年目。
手練りにも力が入ります。



翌日には手綯い作業
ここでも揉みながら撚りを入れての手作業です。
一本一本が手作りの独特の形状に仕上がります。
麺線が微妙に違う手作業ですが、口当たりがよく独特の食感が
飽きのこない「稲庭手業うどん」となります。



手綯いされた生地は熟成の時を過ごし、手延べ作業へと進みます。
熟成時に重力により生地の中ほどが太くなったのを
熟練職人の経験と勘で上から下まで均一な太さへ調整します。
すべては職人の勘。これを大切に今年も造り続けて参ります。



「手造り」ではなく「完全手造り」と書けるには「完全手造り」だからこそ。

小さい会社だからこそできること=古式製法を守り続けること=次世代へ引き継ぐこと。

今年も精一杯美味しい「稲庭手業うどん」をお届けいたします。

2018年1月19日