2019年July

一個的禮物!


今天,玉澤市天氣炎熱。 哦,很熱。 33°C。 今天是星期六,但今天是上班日。 所有員工都與炎熱作鬥爭。 前幾天我接到一個熟人的電話。 秋田方言。  "伊納瓦烏登烏冬"和"卡林東"包裝,使奧吉雅卡薩薩,安吉·科多拉·科亞亞。  我對此非常不自在,我對此非常不自在。  內容- 3,500日元! 說這組圖像。 熟人希望包裝。 10份烏冬麵,約10份湯,沙拉烏冬麵,2種卡林湯。 發送者的感受,而不是送禮方的感覺。 內容比外觀。 包裝一次,但... 我們將盡力滿足您的要求。 1,000- 或含稅 3 日元,000或,包括郵資4日元,300... 我們將盡我們所能。 請隨時聯繫我們! 語言此頁面已自動翻譯。 請注意,它們可能與原始內容不同。

查看所有

夏です~!海は・・・


昨日、日本海側へ「稲庭手業うどん」の配達へ行って来ました。 気温はドンドン上昇し、昨日は32℃。 外気温と車内の温度差でトホホ・・・身体も堪えます。 お世話になっているお取引先様は海水浴場のすぐ近く。 晴天!晴天!清々しい青さです。 子供たちも夏休みに入り、水温も上昇! この天気に気温32℃! しかし・・・・・・海水浴場は・・・・・ほとんど・・・・ 寂しい海辺でしたが、土日になれば多数の家族連れで賑わうそうです。 こんな暑い日には食欲不振の方も多いのではないですか。 喉ごしの良い「稲庭うどんつけ麺」の2種類の味で、食欲増進です。 簡単ゴマつゆレシピを参考にしてみてください。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看所有

AKOMEYA 限定品


関東出張のおりお取引をいただいております AKOMEYA様の神楽坂のお店 AKOMEYA TOKYO in kagu 様にお邪魔してまいりました。 この3月にオープンした新しい店舗は、木材をふんだんに使用したオシャレな店舗でした。 あいにく天候は雨。しかし店内は買い物スペース、飲食ブースもたくさんのお客様。 当社の「稲庭手業うどん木箱入」もAKOMEYA様とのコラボレーションのデザイン。 この商品は寒冷降雪の気温湿度が低い極寒期に、稲庭うどん製造歴37年の 熟練職人「高橋俊一と佐藤隆」だけが完全手作業で造り上げた限定製造品です。 多加水熟成製法により熟成に熟成を重ねた麺は「薄琥珀色」となり、小麦本来の風味を引き出しております。 多加水でじっくり造り上げた麺は、茹で上げ後もほぼ麺線の細さを保ち「光り輝くほどのツヤ」  「コシが強く」「喉ごし滑らか」な贅沢な味わいを生み出しております。 木目の美しさが品のある古式杉化粧箱に入ったAKOMEYA様のオリジナル商品です。 AKOMEYA様の店舗及びネットにて数量限定でお取り扱いいただいておりますので!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看所有

「食は命なり」奇跡のスーパー試食販売


週末に群馬県高崎市で「奇跡のスーパー」と言われております「まるおか」様で 稲庭手業うどんの試食販売会をさせていただきました。 お取扱いする商品への思い、お客様のへ思い、考えにこだわりを感じてまいりました。 ご縁がありましてお取引をいただいておりまして、高崎で初めての 試食販売会です。 ジャズが流れる落ち着いた雰囲気の店内。 オープンの11時には数十名のお客様が開店を待ちわびておりました。 (画像は前日の夕方遅い時間ですので少し暗めですが・・・) まるおか様の食にこだわる逸品のみが販売されており、お客様もゆっくりとお買いもの。 店内では常連のお客様と思しき方々と店員さんが談笑しながらのご対応。 普段なかなかお目にかからない風景に驚きでした。 店内の一角をお借りしての「稲庭手業うどん」の試食販売。 一人が店頭に立ち、一人が厨房での茹で方調理。 11時~夕方6時までお客様が途切れることなく、ご説明と販売をさせていただきました。 ゆで方や麺の洗い方、そして氷水での締め方等。 当社職人の製造に対する思いなど、お客様にご説明をさせていただき 何人ものお客様が口に運んだ瞬間、「うわ~おいしい~」と。 この一言を聞いた瞬間、7時間の運転の労が報われました。 社長様始め社員の皆様にもご試食をいただき「社長すいせんの品」のステッカーを添付いただきました。 手書きのポップ、価格表は温かみもありお客様にもインパクトあることを再認識いたしました。 これからも「稲庭手業うどん」の製造に「こだわり」を持ち造り続けていきたいと思います。 高崎の皆様、スーパーまるおかの社員の皆様、大変お世話になりました。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看所有

當地鑽石


現在,收穫和航運是高峰的紅色鑽石"櫻桃"。 玉澤市三關區是「品質日本第一」的櫻桃產區,人們都知道! 上個月20日,在博客的乙烯基屋裡,它受到重視,從6月下旬到7月初,只有大約三周。 在圖像中,大小是很難理解的,但它是大約100日元球和500日元球的中間大粒。 山形縣是著名的櫻桃,但三關是關東地區的高檔超市和著名的糖果店的美味。 禮品,當然,在路邊站和直接銷售,甚至討價還價! 穀物是小的,顏色有變化... 下圖是一個討價還價的包裝工作。 所有分揀工作都是機器,但那天我們修好了,無法拍照。 請品嘗到季節的味道! 語言此頁面已自動翻譯。 請注意,它們可能與原始內容不同。

查看所有