이벤트, 관광 정보

有難うございました。


沖縄大交易会2019の2日目です。 昨年以上に出店業者が増えたらしく、今回からは2会場での開催。 農産加工品の部となり当社は「宜野湾市立体育館」での商談でした。 青空が広がる公園のベンチにてほっと一息。 朝から4社様とご商談をさせていただき、つかの間の「昼休み」 会場前には移動食堂による「沖縄名物屋台」が出店。 本日のランチは「タコライス」大盛り! 午後からの商談にむけて活力を付けました。 今年もたくさんのご商談の機会をいただき有難うございました。 今後も国内外の皆様へ美味しい「稲庭手業うどん・薬膳うどん」をお届けしてまいります。 ご多忙のところご足労をいただきました「バイヤー」の皆様へ感謝申し上げます。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

またまた・・・〇〇そば


またまた中華そば。 (稲庭手業うどんも週一は食べてますよ) 本日は配達&打ち合わせでにかほ市へ。 数か所へ寄り寄りで最終配達が13:30過ぎ。 ようやくの昼食は山形県酒田市の満月系の中華そば「華月」さんへお邪魔しました。 「月」系の中華といえば「雲呑(ワンタン)」です。 魚介系の薄口スープに中太縮れ麺。そして喉ごしツルツルな雲呑。 ワンタンは5~6個くらい入ってます。 スープとの相性も良い中太麺。 会計伝票はこんなに大きい手造りです。 メニュー表は各テーブルに置いてますが、注文は玄関を入ってすぐ注文というスタイル。 初めての方にはわかりにくいシステムですが、田舎風といえば・・・。 多数で行ってメニューに迷うと混乱します。 価格は記憶によると50円アップか?消費税増税後に変更か?でもこの価格ですから~! 今日のお昼は「稲庭手業うどん」の温麺にしよっと!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

歴史を感じる、街中華そば


昨日の昼食。「稲庭手業うどん」の配達後に立ち寄りました。 ここは隣町、横手市増田町にある「つばくら食堂」。会社からは車で10分ほどの所にあります。 増田町と言えば「内蔵」と「まんが美術館」があり、観光シーズンは全国からお客様が 来町するようになった場所です。蔵の通りやまんが美術館からは徒歩で10分以内の店舗です。 創業が昭和30年代と60十年以上の歴史ある風情の食事処。夜は居酒屋としてやっています。 本日のメニューは一番人気の「昔の中華そば」・・・大盛(毎週水曜日は大盛無料のようです) うっすらと浮かぶ鶏油スープに具材は「チャーシュー、のり、なると、メンマ、焼き麩、ねぎ、白ごま」 昔ながらのかん水不使用の細麺(若干ちぢれ麺)。 旨い!うまい!旨い!うまい!! これぞ昭和の時代から受け継がれている懐かしい味。 現代の脂っこいスープ、濃厚味とは一線を引き、歴史を感じる昭和人には有難い味。 カウンター上部にはメニュー表。 これも歴史を感じる作りと価格。いまどき一番高い値段のチャーシューメンで680円!驚きです! そして画像の小鉢は店主自慢の「ホルモン煮込み」 夜のメニューですが、昼食時にあれば小鉢で300円で裏メニューとして注文できます。 あくまでも裏メニュー。常連しか食べてませんので。メニュー表にはありません。 稲庭うどんの歴史も長いですが、こういう懐かしい中華そばも願く続いてほしいと思います。 つばくら食堂  増田町字関口  カウンター4席、テーブル席4人×2、座敷テーブル×2(最大12人位かな~)。 店構えは「昭和」そのもの。店内はますます「昭和」。お茶も水もセルフサービス。 名物・・・昔の中華そば、ホルモン焼きそば、ホルモン煮込み、湯豆腐となっておりました。 TVや週刊誌、旅の雑誌等の取材もあったようです。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

「秋田」といえば・・・


「秋田」といえば・・・ネットで検索してみますと 「なまはげ」がどうどうの第一位。 ちなみに「稲庭うどん」は7位~10位でした。 この「なまはげの里」男鹿半島に先日行って来ました。 秋田駅での稲庭手業うどんの営業を終え、男鹿市方面へ。 久々に車を走らせましたが、思っていたより遠い遠い!約1時間! ようやく男鹿市の玄関口に・・・! お出迎えする中央の物体。 アップしてみますと・・・ドデカイなまはげ! その大きさは電柱をも超えております。 「なまはげ」は年の節目に家々にやってくる来訪神です。 2018年にユネスコ無形文化財にも登録されております。 ここからさらに20分ほど車を走らせ、たどり着いたのが「道の駅おが オガーレ」。 まだオープンしてから2年ほど?でよくテレビ等で拝見しており、 今回は初めてお邪魔致しました。 平日の夕方4:30ころでお客様のパラパラでしたが、漁師直送の海産物、魚介類を始め オリジナルな加工品等も販売しておりました。 ここの道の駅では「石板焼ハウス33」なる場所があり、物産館で買った食材でBBQが 楽しめるコーナーも設置しております。 「男鹿いがったがぁ?へばまんつ気をつけでな」。下の文章は秋田弁です! 標準語に直すと「男鹿良かったですかぁ~?それではまず気をつけてお帰りください」 と言ったところです。 男鹿観光の詳細は「男鹿なび」で検索してみてください。 なまはげ館、寒風山、入道崎、水族館、温泉施設等の見どころ満載です。 へばな~Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

うどん屋ですが・・・中華そば


「稲庭手業うどん」の配達&打ち合わせで山形市まで。 好天に恵まれた片道2時間30分の絶好のドライブ日和。気温はなんと35℃。 関東地方に近づいてきている台風なため、9月の東北は真夏日でした。 仕事とはいえ遠方に行く一つの楽しみが「昼食」! 時間があれば美味しい麺(ラーメン・うどん・そば)屋さんを探して行っております。 その一つが山形市の中華そば「八幡屋」さん。 山形市のラーメン四天王の一つとされているらしい~! ここは今回で3度目。時間も待たずに入れるPM1:50。 ところが・・・外には2人待ち。私も暑い中10分ほど外のベンチで・・・。 この暑い中待ったため汗もほどほどとなり、今日は冷たい・・・と、思いましたが 回りのお客さんは全員温かい「中華そば」。 俺もやっぱり「大盛りの暖かい中華そば」 裏切らない中太縮れ麺にほんのり甘味のある「やさしい牛骨スープ」。 チャーシューも牛?と思っていつも食べております。 この日も「足立ナンバー」の車が止まっておりました。 門構えや、立地条件ではなく、「本当に美味しいところ」へは人はわざわざ行くんですね。 弊社の「稲庭手業うどん」も本当に美味しいと言ってもらえるように、今後も精進してまいります。 中華そば「八幡屋」 山形市平清水6-4-6 中華そば大盛650円でした~Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

こりゃ~安い!


お取引をいただいております「秋の宮山荘」さんの湯治プランです。 2泊3日で11000円。 3泊4日で16500円 なんと1泊あたり¥5500。しかも朝昼夜の三食付。 消費税も入湯税も含んでのこの価格。家にいるより安い・・・・・? よ~く読むと・・・選べるお部屋!和室&洋室ツイン。 秋の宮山荘さんはお風呂も広々、露天もありますしジャグジーもあります。 ※休日前やお一人様利用は1000円増となっておりますが、飛び切りの安さと思います。 詳しくは・・・「スパ&リゾートホテル秋の宮山荘」 0183-56-2400 お土産はぜひ「稲庭手業うどん」をお願いしま~す!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

日本海~太平洋


日本全国、暑い日が続いております。 今が「稲庭手業うどん」のお盆前の出荷、配達のピークです。 金曜日・・・日本海側のにかほ市に行ってまいりました。 先月はまったく人がいなかった海水浴場でしたが、パラパラ・パラパラと・・・   ここ象潟海水浴場は「日本の渚・夕日百選」に選ばれております。 駐車場から海までもすぐの立地。温水シャワーも無料です。 お盆前後までとなりますので、是非足を運んでみてください。 そして日曜日。 今度は太平洋側の松島海岸へ。 当社の「稲庭手業うどん」を美味しくご提供していただいております 稲庭うどん「瀧さわ家」さんへお届け。 宮城版のミシュランガイドのビブグルマン賞をいただいた店舗です。 丁寧にこだわって茹で上げた麺は「コシが強く、喉ごし滑らかな」。 創業三十二年を迎え、県内外の皆様に愛されております。 松島海岸から塩釜方面へ向かい車で5分ほどです。 トンネルを出てから看板があります。 松島方面へお越しの時は是非お立ち寄りください。必ずご満足いただけるはずです。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

「食は命なり」奇跡のスーパー試食販売


週末に群馬県高崎市で「奇跡のスーパー」と言われております「まるおか」様で 稲庭手業うどんの試食販売会をさせていただきました。 お取扱いする商品への思い、お客様のへ思い、考えにこだわりを感じてまいりました。 ご縁がありましてお取引をいただいておりまして、高崎で初めての 試食販売会です。 ジャズが流れる落ち着いた雰囲気の店内。 オープンの11時には数十名のお客様が開店を待ちわびておりました。 (画像は前日の夕方遅い時間ですので少し暗めですが・・・) まるおか様の食にこだわる逸品のみが販売されており、お客様もゆっくりとお買いもの。 店内では常連のお客様と思しき方々と店員さんが談笑しながらのご対応。 普段なかなかお目にかからない風景に驚きでした。 店内の一角をお借りしての「稲庭手業うどん」の試食販売。 一人が店頭に立ち、一人が厨房での茹で方調理。 11時~夕方6時までお客様が途切れることなく、ご説明と販売をさせていただきました。 ゆで方や麺の洗い方、そして氷水での締め方等。 当社職人の製造に対する思いなど、お客様にご説明をさせていただき 何人ものお客様が口に運んだ瞬間、「うわ~おいしい~」と。 この一言を聞いた瞬間、7時間の運転の労が報われました。 社長様始め社員の皆様にもご試食をいただき「社長すいせんの品」のステッカーを添付いただきました。 手書きのポップ、価格表は温かみもありお客様にもインパクトあることを再認識いたしました。 これからも「稲庭手業うどん」の製造に「こだわり」を持ち造り続けていきたいと思います。 高崎の皆様、スーパーまるおかの社員の皆様、大変お世話になりました。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

初心に・・・トヨタ見学


ライオンズクラブ研修旅行にて最終日「トヨタ産業技術記念館」へ見学。 トヨタグループさんの前身は紡織、繊維を生業とする企業で 繊維製造機械等の製造もしていたと初めて知りました。 工場の建物は一部、繊維工業時代のものを改装して作られており、歴史を感じます。 ゆっくり工場見学途中に一枚の「垂れ幕」! 『が~~~ん!』心に響く言葉!着飾りのない言葉。ズシ~ンときました。 繊維工業時代から現在の自動車製造までがブースごとに分かれており 一緒に行った仲間も自由行動となり、自分の興味のある部署をじっくり見学。 アッという間の1時間30分となりました。 最後にまたまた「が~~~~~ん!」 自分も・・・・・こういうところがあるなぁと反省。 時代を造り、引っ張ってきた方々の言葉には重みがあり共感させられます。 案内・説明の女性、機械を動かし見せてくれる男性の皆さん。 ご丁寧なご対応をありがとうございました。 トヨタ自動車さんを見習い、今後も「稲庭手業うどん」造りに励みたいと思いました。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

静岡で稲庭うどんを!


先週後半、久々に東海地方への出張。 前日までは全国的に猛暑。雪国育ちには不安な3泊4日でしたが 25℃前後と仕事のしやすい気温で過ごさせていただきました。 前日の稲庭よりもずっと涼しく感じました。 さてさて・・・ オープン以来、当社の「稲庭手業うどん」をご使用いただいております 「稲庭うどん 葉月」さまへお伺いいたしました。 地域の皆様、近隣市町村・近県の皆様にご愛顧をいただき4周年を迎えております。   静岡県湖西市にある葉月さんの店内は約40名ほどがゆっくり入れるほどのスペース。 和風造りな店内は座敷席、テーブル席と落ち着けるたたずまいです。 駐車場も15台ほどがゆっくり置けるほどの広さを完備しております。 オープン前にお邪魔したにもかかわらず、こだわりの「煮込み」をまずは遠慮なくゴチに! ビールでもと思いましたが、仕事仕事。まだ朝ですし・・・レンタカーですし・・・。 冷たい麦茶を美味しくいただかせていただきました。 続けて登場「稲庭手業うどん」温麺。 東海地方はつゆに「かつお節」をトッピングされてくるのが特徴です。 鰹出汁に薄口のつゆ。麺の味を引き立たせてくれます。 天ぷらは驚愕・・・・・7点盛りです。 更に「稲庭手業うどん」つけ麺。2つのツユが楽しめます。 茹で加減も絶妙できちっと氷水で締めており、つるつるシコシコいくらでも食べれます。 温麺とつけ麺の茹で時間を調整して茹で上げるこだわり店主。 見事な「ツヤ」です。 11:00のオープンと同時にさっそく5組のお客様がご来店。 お店の邪魔にならないよう早めに退散して参りましたが、外にある車のナンバーは 大阪、名古屋、三重と他県のお客様も。 今後も末永く皆様に愛されること間違いなしの「稲庭うどん 葉月」様。 湖西市近郊に行かれた時は是非お立ち寄りくださいませ。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示