活動和旅遊資訊

沖縄大交易会2018


11月29日~30日の二日間、「沖縄大交易会2018」へ行って参りました。 沖縄の当日の気温は26℃。秋田との温度差は18℃。暑い暑い! 画像は国内外のバイヤー様と「稲庭手業うどん・稲庭薬膳うどん」の商談会会場です。 第六回目となる商談会は47都道府県から256社のサプライヤーの参加と 日本国内および東アジア、東南アジアを中心とした約240社のバイヤー様の 参加の大大大大商談会。 個別形式に行われた商談は、時間が少なく感じられるほどの充実した内容でした。 展示会とは異なり、装飾もほとんど無くPCと書類のみ。 膝を交えての商談は国内外のバイヤー様と、じっくり話ができ本当に貴重な時間でした。 今後はこの機会を縁に、稲庭手業うどん・稲庭薬膳うどんも海外でご賞味いただけるかと思います。 バイヤーの皆様、サプライヤーの皆様そしてスタッフ関係者の皆様、お疲れ様でした。 ちなみに下の画像は「沖縄そば」です。 会場に屋台カーが来ており、お昼休憩はしばしの沖縄感。 男二人で「沖縄そば&ジューシーおにぎり」。 外で食べる昼食は美味しかったですぞ~。

查看全部

穏やな・・・!


一昨日、早朝から日本海側のお取引先様に「稲庭手業うどん」の配達。 日本海側の山形との県境にあるにかほ市まで、車で二時間弱。 本荘市郊外からは無料の自動車専用道路があり、かなりの時間短縮でです。 この日は超晴天に恵まれ、穏やかな日本海をパチリ。 白波も初冬とは思えないくらい綺麗でした。 海面のずっと奥に「白い物体」 かなり大きな船です。遠方まで見渡せるくらいの本当に穏やかな天気でした。 この船は観光船か貨物船かはわかりませんが、今年は秋田港にも大型客船が 多数入港されました。 お陰様で「稲庭手業うどん」もご好評を得て、毎回多数のご注文をいただきました。 これから寒さが厳しくなり、真冬の日本海となりますが秋田名物「はたはた」が水揚げされます。 私も大好物。秋田名物「はたはた・きりたんぽ・稲庭手業うどん」。 寒い時期にぜひご賞味くださいませ。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看全部

来春また伺います。


今年も5月より「稲庭手業うどん」の販売でお世話になった栗駒山荘様へ搬出に行って来ました。 10月下旬に初雪となっておりましたが、11月4日の最終まで無事に営業を行えました。 山頂までの道路上の画像です。緑の笹の葉・赤い木の実・落葉した木々、そして奥に見える山々と雪! 看板の道路はすべて通行止めとなっており、許可車両だけが通行可能な状態でした。 栗駒山荘様の売店横の景色です。 屋根からの落雪が初雪の多さを物語っておりました。もちろん気温も低く5℃でしたが・・・! 入り口付近の駐車場にも残雪です。 建物すべてを囲い、来年の5月まで半年以上の期間は大雪の中に埋もれてしまいます。 毎年のことですが「さみしい気持ちに」なってしまします。 来年も宜しくお願い致します。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看全部

今年最後のイベント出展


秋から冬へと着々と進んでいる秋田県。 昨日は今年最後のイベントへ出展してまいりました。 公私ともどもお世話になっております鳥海高原「花立牧場」様でのイベントです。 花立牧場様でも初となるイベントでしたが、好天にも恵まれ多数のお客様がご来場! 稲庭手業うどんの食堂を特別価格でのご提供。ご好評につき13:50で完売となってしまいました。 また「稲庭手業うどんのお徳用」や収穫したての「りんご」も販売致しました。 場所は・・・・・・秋田県と山形県のまたがる鳥海山の中腹です。 子供の広場! 宿泊可能なバンガロー! イベント会場の「花立牧場」と子供たちに大人気のポニー! ポニーには乗馬もでき、この日は特別に無料での感謝祭となっておりました。 今回が初めての企画とのことでした。 これからの季節は大雪のため来春まで閉鎖となってしましますが、 春~夏のかけ今度はもっと盛大にイベントを企画中のことでした。 ぜひ皆さんも雪解けとともに「鳥海高原・花立牧場」へ足をお運びくださいませ。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看全部

秋の景色と温泉マップ


本日は配達で秋の宮に行って来ました。 宮城県の鳴子との県境の秋田県最南端の温泉地帯です。 湯沢市内から秋の宮方面へ向かうこの景色! 本日は曇り空でしたが「雲海」が見事な景色を出しております。 この辺の紅葉は今月末からが見頃かと・・・思います。 湯沢にはたくさんの温泉もあります。 秋の宮の入り口のマップをパチリ! 秋の宮温泉郷、小安温泉郷、秘湯の泥湯温泉、そして須川温泉。 秋の宮をスターとして須川温泉まで温泉三昧もできます。 11月の初旬からは残念ながら雪のため通行止めの区間もありますが、 時間があるときにはゆっくり、心も身体も癒しすことができます。 もちろん!お土産は「稲庭手業うどん」で決まり。 温泉宿泊施設や、お土産店、道の駅でお取扱いいただいております。 地元限定・・・超・・超・・超・・・お徳品もありますので~Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看全部

第三十周年的創新


先日の19日(土)~20日(日)の二日間、製造実演販売へ行って来ました。 稲庭うどんがまだメジャーでない30年前に、宮城県利府町に開店した 稲庭うどん専門店

查看全部

ビックサイトに今年も出展


今年もビックサイトでの販売会に出展してまいりました。 小島電機工業様の「お客様大感謝祭」 稲庭手業うどんを始め、きりたんぽ、いぶりがっこ、比内地鶏ラーメン、横手焼きそば・・・! 秋田の物産品やリンゴもお持ちいたしました。 秋田県内限定の「稲庭手業うどん 超お徳用1kg」は即日完売でした。 今年は販売業者様も増え、お客様は両手いっぱいに商品を買っておりました。 当社も秋田市内の食品卸業者様とタッグを組みまして新規格をしてみました。 極上「生きりたんぽセット・産地直送」と「完熟樹上ふじりんご・産地直送」。 きりたんぽは数名のお客様が、りんごは二十数名のお客様よりご注文いただきました。  来年も出展予定です。 都内近郊でイベント等の出展依頼がございましたら是非メールにてご連絡くださいませ。 来年も1月~3月まではスケジュール調整いたしましてお伺いいたします。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看全部

大阪空港での雪まつり


大阪伊丹空港でのイベントに13日~14日の二日間出展してきました。 湯沢の気温は-6℃。到着した大阪の気温は4℃。 大阪空港は現在リニューアル工事中。大規模な工事状況でした。 イベント会場は空港と隣接の「大阪空港モノレール駅の下」でしたので 寒い中でのイベントとなりましたが、 横手市の「かまくら」、男鹿市の「なまはげ太鼓」を中心に大賑わい。 二日間家族連れを中心に朝から晩まで「かまくら」での記念撮影 雪の広場での「そり遊び」等、30~60分待ちでした。 当社は「稲庭手業うどん」を中心に秋田特産「きりたんぽ」「いぶりがっこ」等の販売。 寒さで疲れましたが「心地よい疲労感」でした。 いろいろな「ゆるきゃら」も駆けつけ、にぎやかな二日間でした。 お声がかかれば物産展にも出店しております。 2月10日からは「ビックサイト」へ出展いたします。 秋田限定品等をお持ちいたしますので宜しくお願い致します。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看全部

カンボジアのプノンペン


プノンンペンの「イオン」の食品売り場 日本食材の販売はもちろん、日本でおなじみのレストランも多数営業しておりました。 画像は「寿司」売り場。 通常はオレンジ色のエビっこがなんと「緑・黄色」等」に染められて販売されておりました。 他の魚類も着色されているものもあり、文化の違いに驚きでした。 初めてのプノンペンでしたが、来年1月中旬には画像のビルに入る 飲食店様で稲庭手業うどんをお取り扱いいただくこととなりました。 寿司と同様に色付きが好評でしたので「稲庭薬膳うどん」もお取扱い。 ロシアンマーケットから徒歩3分の好立地。 日本人の方々も近郊に多く住んでおられるようです。 稲庭手業うどんの他、日本のこだわり食材、日本酒、健康食品等をお取り扱う予定のようです。 オーナーは日本人、店長は秋田県人で安心。またスタッフも日本語がばっちりの体制です。 ビルの2階が店舗になりますので是非プノンペンへお越しの節はお立ち寄りしてみてください。 ちなみにビルの中ほどの空間は「住居者専用の室内プール」でした。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看全部

カンボジア展示会3


プノンペン展示会での昼食です。 会場には食堂がないため「トゥクトゥク」で移動し外食でした。 現地の方々が食べているものを思い店頭へ。 店舗入り口はこのようなオープンな作りです。 メニューはやっぱり「麺」。米の麺です。 稲庭手業うどんとは全く違い「柔らかく」「超極細」でした。 ベトナムは具だくさんのあっさりケ系! 麺の量も少なめで「小・普通・大盛」がありました。 隣の席のお客さんが「卵焼き」と「ライス」を食べていたので我々も! 価格も200円~300円と激安で、お腹も財布も満足の昼食でした。 夕食は現地で有名な日本食「くずし割烹安達」様へ。 久々の日本食。店舗の造りもまったく日本風でした。 個室での宴席は落ち着きます。 お寿司・刺身・天ぷら・煮物、丼もの・・・・ なかなか入手しにくい日本の材料ですが、さすが料理人です。 日本と変わらぬ味をご提供していただきました。 残念ながら当社のうどんではないのですが、最後の締めは「稲庭うどんのつけ麺」。 最後に料理長さんを囲んで記念写真。 料理長さんに当社の「稲庭手業うどん」の製法、触感、こだわりをしっかり営業してきました。 「こだわった茹で加減」、「きちんと氷水で締める」料理人のこだわりを感じました。 是非、プノンペンにご旅行の際にはお立ち寄をお奨めいたします。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

查看全部