Yuzawa, inaniwa notas sazonal

夏です~!海は・・・


昨日、日本海側へ「稲庭手業うどん」の配達へ行って来ました。 気温はドンドン上昇し、昨日は32℃。 外気温と車内の温度差でトホホ・・・身体も堪えます。 お世話になっているお取引先様は海水浴場のすぐ近く。 晴天!晴天!清々しい青さです。 子供たちも夏休みに入り、水温も上昇! この天気に気温32℃! しかし・・・・・・海水浴場は・・・・・ほとんど・・・・ 寂しい海辺でしたが、土日になれば多数の家族連れで賑わうそうです。 こんな暑い日には食欲不振の方も多いのではないですか。 喉ごしの良い「稲庭うどんつけ麺」の2種類の味で、食欲増進です。 簡単ゴマつゆレシピを参考にしてみてください。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Ver todos os

今年も順調です!


久しぶりに少し寒い日となった昨日、りんご農家さんとタイアップしている 湯沢市ふるさと納税のリンゴ畑に足を運んでみました。 青い空!白い雲!そして木々のグリーン!なんとも気持ちいい景色です。   リンゴの果実も画像の通り、ピンポン玉くらいまで成長しておりました。 3~5玉が一緒になってますが、実を大きく美味しくするために、 ここから1玉に選別されて夏の季節を迎えます。 なんかもったいないような気もしますが、美味しくするにはこの作業も 必用とベテラン果樹園さん。 まだまだ先のことですが、11月の中旬には「真っ赤な・大きい・甘い」 秋田ふじりんごが実ることと思います。 「湯沢市ふるさと納税」にぜひアクセスしてみてください。 当社の「稲庭手業うどん」を返礼品として掲載しておりま~す! (H29年の画像です)Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Ver todos os

春?夏?を実感


春なのか?夏なのか?気温が高い日が続いております。 初夏を思わせる新緑の綺麗な雪国秋田の渓流です。 ここは「稲庭手業うどん」の配達途中の私のビューポイント。 白い波しぶき!青々とした木々!そして深緑の山々!大自然の恵みです。   水田にも苗が植えられました。 好天の恵み、山々が反射して綺麗な風景となっております。 温度計は27℃ですがこれは午前中の撮影。この日の気温は30℃越えでした。 右側の遠くに見える山の白さは「残雪」です。今冬は本当に大雪でした。 暑い日が続くと麺類が恋しくなります。 本日の昼食は「稲庭手業うどん・つけ麺」です。 醤油つゆはもちろん、かんたん「ゴマつゆ」でも食べちゃいました。 かんたん「ゴマつゆ」レシピは近日中にアップいたしま~す!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Ver todos os

やはり「豪雪」だった。


今年もお世話になります「栗駒山荘」様の準備の行ってまいりました。 予定では4月26日の開通です。 駐車場も御覧の通りの残雪です。 ブルトーザーの倍はあるくらいの雪。 標高1000mを超すだけの山ですが、ここ数年で一番の残雪ではないでしょうか! 晴天に恵まれた昨日は空の青さ、残雪の白さが美しい自然を満喫。 帰りにはあまりの雪の多さにマイカーと高さを比べての画像。 最大残雪は車の4~5倍はあるのでは! 今冬はやっぱり豪雪だったと実感をさせていただきました。 お土産コーナーで「稲庭手業うどん」を販売していただいておりますので!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Ver todos os

春・春・春・山・海・桜


今年初の20℃以上を記録した先週、秋田県の日本海側へ 稲庭手業うどんのゴールデンウィーク用の配達へ行って来ました。 稲庭の郷からお隣の羽後町を越え、由利本荘市~にかほ市面まで。 春の青空にそびえ立つ秋田県のシンボル「鳥海山」 こちらの画像は羽後町からの一枚。 晴天に真っ白な三角の山。《秋田富士》の鳥海山です。 そして下の画像は「にかほ市」側からの鳥海山。 表か裏か?どっちが正しい表現なのかわかりませんが見事な美しさです。 これほど素晴らしい山並みを見せられると、自然の大きさ、偉大さに感無量です、 また、お取引先様の目の前は日本海。 地平線が延々続くくらいの晴天に、一羽のカモメが優雅に飛んでました。 配達帰りにちょっとサボって秋田県で一番初めに観桜会が始まる公園へ! この日は数日前からの暖かさもあり、8部咲きまで開花しておりました。 まだまだ海辺ですので、風は冷たかったのですが初春を実感した日でもありました。 こんな暖かい日は「稲庭手業うどん」のつけ麺で晩ごはんを堪能しました~~~! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Ver todos os

わんちゃんと雪断層


先週の土日は湯沢市の「犬っこ祭り」。 久々に行ったお祭りは、天候に恵まれ人とワンちゃんが多いこと。 雪が降ったり止んだり、極寒の空の下ワンちゃんも洋服を着てました。 秋田犬を中心として多くのワンちゃんが来場者を楽しませてくれてました。 土日の北国は氷点下。秋田もずっとマイナスの気温。 屋根の雪は1mほどです。わかりますか?断層になっているのが。 今冬は降っては天気や雨の繰り返し。積雪はこんな感じですが 重さは半端ないって。雪と言うより氷(シガ=あきた弁)の塊です。 雪降し専用のスノーダンプで一度切ってからでないと動かず。 自宅の雪降しも例年の倍以上の時間を費やしました。 湯沢では「犬っこ祭り」までが豪雪。 春の足音が聞こえてきそうな時期を迎えております。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Ver todos os

Classe nevado ensolarado


大雪が続いている秋田県湯沢市ですが、一転し本日は晴天です。 雪国の小学校の授業「スキー教室」です。 私も本日に限り朝9時30分から先生として参加してきました。 稲川スキー場は旧稲川町に約35年前にオープンし学校の授業としても使用されております。 本日は市内6校の大勢の生徒が元気ハツラツにスキーを楽しんでおりました。 ヒュッテも新しくなりました。 食堂のメニューを撮影して参りましたが残念ながら「稲庭うどん」はありません。 やっぱりスキー場の定番「ラーメン・カレーライス」が中心の食堂ですが 価格の割にボリュームたっぷりです。 リーズナブルな価格ですし、駐車場に隣接しておりますので機会があったら 昼食だけでも十分楽しめます(知人が仕事着で昼食だけに来ておりました) 寒さまだまだ厳しいですが、煮込みうどんにしてもコシが強い「稲庭手業うどん」を 是非ご賞味いただければと思ってます。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Ver todos os

Temperatura de 30 ° C


先週の金曜日までは穏やかな冬でしたが、土曜日からドド~ンと「どか雪」。 ここ稲庭うどんの湯沢市でも積雪70cm。二日間で70cm。 ニュースでは例年の8倍と! 本日は底冷えするくらいの寒さ。画像のように山々は雪化粧。 川の木々は雪化粧。気温はマイナス3℃。 今夜遅くから明後日にかけては再び大雪の予報です。 10日ほど前には気温26℃の暖かな場所での仕事。 沖縄での商談会時の気温が嘘のような温度差。その差29℃。 青々とした海の画像が懐かしく、うらやましく感じております。 しかし・・・・・ この寒さが「稲庭手業うどん造りには最適で、しかも熟練職人の腕の見せ所。 12月~3月の寒の季節は当社の製造工場もフル生産となります。 寒い季節には「稲庭手業うどん」に天ぷらを添えてご賞味ください。 あったけど~! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Ver todos os

稲庭・・・も紅葉です!


本日も秋晴れの暖かい天候でした。 稲庭手業うどんの配達帰りに、紅葉の山の間に光るもの! 山の中腹にある白いものが・・・ 少し大きく撮影したのが下の画像です。 これは稲庭城! 約八百年前この一帯を治めていた小野寺城の跡地に建てられた観光施設です。 今日は麓まで紅葉が進み、太陽に照らされたお城は一段と輝かしさを増しておりました。 この観光施設もまもなく閉鎖となり雪の季節を迎えます。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Ver todos os

来ちゃった!冬の使者


秋も深まってきた湯沢市。紅葉も山里まで降りてきております。 昨日「稲庭手業うどん」を配達中に見つけてしまいました。 稲刈りが終わって間もない田んぼに数羽の冬の使者「白鳥」です。 まだ十数羽ですが今年は何となく例年より早い気がします。 一生懸命「新米」を食べておりました。 ここのお米は旨いのでしょう!周りには田んぼがいっぱいありますが、なぜか?毎年この場所にいるんです。 長旅で疲れた様子の白鳥は「日向ぼっこ」でお昼寝中でした。 ここ数日で朝晩の冷え込みが厳しく感じる今日この頃です。 今年の冬は早いのでしょうか?お願いだからゆっくりゆっくり来てほしい「稲庭」の郷です。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Ver todos os